診療時間
診療時間表

午前 9:00〜13:30
午後 15:00〜17:30
休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
当院は原則終日予約制です。

アクセス

西武多摩湖線「一橋学園駅」
徒歩1分

地図

〒187-0045
東京都小平市学園西町2-13-37
カミデビル2F

Facebookへ

糖尿病

糖尿病とは

糖尿病とは、血液中で糖分つまり血糖の割合が高くなる病気です。糖尿病は、自覚症状があまり無く、治療を受けていない人も多いと言われています。しかし症状が出なくても、糖尿病は徐々に進行し、恐ろしい合併症を引き起こす場合があります。しかし、糖尿病は、初期ならばある程度は食事や運動などでコントロールできますが、決して「治ること」はありません。早期発見のために年1回の定期検査などを受けるようにしましょう。

糖尿病の最新の診断基準

糖尿病型
( 正常 )
早朝空腹時血糖値 126mg/dl以上 (110mg/dl以下)
75グラムのブドウ糖を飲み2時間後の血糖 200mg/dl以上 (140mg/dl以下)
随時血糖 200mg/dl以上 (140mg/dl以下)
ヘモグロビンA1c(HbA1c) 6.1%以上 (5.8%以下)

上記のいずれかに該当すると糖尿病型と診断されます。
糖尿病の診断基準が改定され、今までは補助的な位置づけであったHbA1cを、糖尿病型の判定基準に取り入れました。

糖尿病の原因

糖尿病の原因には、下記のようなものが考えられます。
・食べ過ぎ、肥満である
・運動不足
・ストレスが溜まっている
・食事時間が不規則である
・薬剤による作用(血圧降下剤や副腎皮質ホルモン剤など)
・家族や親戚に糖尿病の人がいる
・妊娠中に血糖値が高いと言われたことがある
特に、肥満・運動不足・ストレスは、インスリンの働きを低下させる3大要素ですので、注意しましょう。

糖尿病の治療

糖尿病の治療は、「食事療法」、「運動療法」、「薬物療法」の 3つが基本となります。この中で一番重要となるのが、食事療法です。

食事療法

糖尿病と診断されたら、身体活動量等に合わせた食事をする必要があります。食べてはいけないものはありませんが、自分にあった分量の食事で、必要とするすべての栄養素をとるように工夫します。
当院では、月に1度、管理栄養士による栄養相談・栄養指導を行っております。

運動療法

運動療法も、食事療法と同じぐらい重要なものです。運動は、ブドウ糖の消費を多くしたり、インスリンの働きをよくするなど、血糖値を下げるのには効果的です。しかし、糖尿病の場合、急に激しい運動をしてはいけないし、運動量が足りなすぎても効果がないので無理のない程度に徐々に身体を慣らしていくようにしましょう。

薬物療法

薬物治療は、インスリン療法、経口血糖降下薬による治療の2つになります。経口血糖降下薬は、飲み薬によって血糖値を下げる方法です。
インスリン療法が必要な場合には、信頼できる医療機関を紹介致します。