診療時間
診療時間表

午前 9:00〜13:30
午後 15:00〜17:30
休診日
木曜・土曜午後・日曜・祝日
当院は原則終日予約制です。

アクセス

西武多摩湖線「一橋学園駅」
徒歩1分

地図

〒187-0045
東京都小平市学園西町2-13-37
カミデビル2F

Facebookへ

膀胱炎

膀胱炎とは

膀胱炎は、女性がなりやすい病気で、一度発症してしまうと、繰り返すことが多い病気です。体の抵抗力が落ちている時に、尿道口から大腸菌などの細菌が膀胱の中に入り、炎症を起こします。一度なったことのある人は再発しないよう、その他の方は予防をしっかりとしておくことが大切です。

女性が膀胱炎になりやすい原因としては、体の構造の違いによるものが大きく、男性は尿道が長く約15㎝程度あるのに対して女性は3~5㎝しかありません。また、女性の場合には尿道と肛門が近いということもあります。軽度の膀胱炎であればこまめな水分補給でも治すことができますが、重度になってしまった場合にはきちんと医師の診察を受ける必要があります。

膀胱炎の症状

・何度もトイレに行きたくなる
・排尿後に痛みがある
・残尿感
膀胱炎の初期症状としてはトイレの回数が増えます。しかし、排尿してもすっきりしなく、残尿感が残ります。尿が白く濁ったり、時には血が混じる血尿が出ることもあります。また、排尿の最後の方や、排尿後に痛みを伴ってきます。膀胱炎が更に悪化すると、腎盂腎炎や腎臓への感染が起こる場合もあります。

膀胱炎の予防

抵抗力が弱まっているときには膀胱炎になりやすい傾向がありますので、注意する必要があります。そのため、しっかりと睡眠を取り、ストレスを溜めないように心掛けましょう。
また、トイレを我慢したり不潔にしていると膀胱炎になりやすいといわれています。ストレスが溜まっているときやダイエット中、生理中なども膀胱炎になりやすいので注意が必要です。

膀胱炎は繰り返すことの多い病気ですので、辛い思いを繰り返さないためにも、水分を多く摂り、清潔にし、体力を落とさないように気を付け、しっかり予防しましょう。